あゆみ

 兵庫県町村会のあゆみ

 兵庫県町村会は、大正9年10月23日に義務教育費国庫負担の推進問題を端緒に、兵庫県町村長会(昭和22年10月27日兵庫県町村会に改組)として誕生しました。

 発足当初37町384村であった団体が、昭和の大合併後の昭和30年4月に62町115村、昭和37年4月には77町、更に平成の大合併後の平成18年4月には12町となり今日に至っています。

 この間、大正、昭和、平成へと移り変わり…わが国は幾多の変遷と目ざましい発展を遂げてまいりましたが、新憲法に基づく新しい地方自治法が制定され、国の基盤である町行政を担う町村長が、その時々の課題に積極果敢に取り組まれたご努力と辛苦が今日の地方自治の発展を見た次第であります。

 特に、戦後の食糧問題、義務教育の6・3制の実施、地方財政等の重要課題について、連絡調整機関としての町村会の果たした役割も大きなものがあり、「町行政の円滑な運営と地方自治の振興発展を図ること」を目的としています。

 

 兵庫県町村会の創立と改組

 大正9年5月、全国各府県代表1名による委員会が発足し審議、決定された「全国各町村の連絡を図る目的を以て府県を区域とする町村長会を組織し自治精神の普及徹底方法を攻究すること」の決議に基づき、兵庫県町村長会は県下421町村(37町384村)を以って同年10月23日に創立しました。しかし、戦災等によりそれまでの書類を焼(滅)失してしまったため、当時の詳細を窺い知り得ないのは非常に残念でなりません。

 昭和22年5月3日に地方自治法が施行され、全国町村長会(大正10年2月12日創立)が昭和22年9月4日「全国町村会」に改組されたことに伴い、本県町村長会も同年10月27日開会の臨時総会において規約改正により「兵庫県町村会」と改組し今日に至っています。

 

市町村数の変遷